本文へスキップ

TEL:

株式会社ブリーズ 〒660-0072 兵庫県尼崎市大庄川田町32

医療用医薬品Ethical Pharmaceuticals


医療用医薬品

◆先発医薬品 ジェネリック医薬品、全般取扱い御座います。

・ご希望の医薬品名をご指示下さいましたら安価にてご提供させて頂きます。

*ご注意

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
・医療用医薬品につき一般の方はご購入できません。
・ご購入に際しましては診療所開設届け又保険医療機関指定通知のご提示が必要となります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



後発医薬品 使用体制加算

後発医薬品の更なる使用促進を図る観点から、後発医薬品使用体制加算の後発医薬品使用体制加算の施設基準の見直しを行う。
現行 改定後
【後発医薬品使用体制加算】
 (新設)
後発医薬品使用体制加算1 35点
後発医薬品使用体制加算2 28点

〔施設基準〕
①当該保険医療機関における全ての医薬品の採用品目数のうち、後発医薬品の採用品目数の割合が、
後発医薬品使用体制加算1は30%以上
後発医薬品使用体制加算2は20%以上30%未満であること。

(新設)








 【後発医薬品使用体制加算】
後発医薬品使用体制加算1 42点(新)
後発医薬品使用体制加算2 35点
後発医薬品使用体制加算3 28点

〔施設基準〕
①当該保険医療機関において調剤した後発医薬品である先発医薬品及び後発医薬品について、当該薬剤を合算した使用薬剤の薬価(薬価基準)別表に規定する規格単位ごとに数えた数量(以下「規格単位数量」という。)に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が、
後発医薬品使用体制加算1は70%以上
後発医薬品使用体制加算2は60%以上70%未満
後発医薬品使用体制加算3は50%以上60%未満であること。
②当該保険医療機関において調剤した薬剤の規格単位数量に占める後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量の割合が50%以上であること。


調剤基本料(後発医薬品使用体制加算)

後発医薬品調剤体制加算の要件について、数量ベースでの後発医薬品の調剤割合が65%以上及び75%以上の2段階の評価に改めることとする。
現行 改定後
【後発医薬品使用体制加算】
(処方せんの受付1回につき)

注3 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(昭和32年厚生省令第16号)第7条の2に規定する後発医薬品(以下「後発医薬品」という。))の調剤に関して別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において調剤した場合には、当該基準にかかる区分に従い、次に掲げる点数を所定点数(注1に該当する場合には注1に掲げる点数)に加算する。

イ 後発医薬品調剤体制加算1 18点
ロ 後発医薬品調剤体制加算2 22点

〔施設基準〕
当該保険薬局において調剤した後発医薬品にある先発医薬品
及び後発医薬品を合算した規格単位数量に占める後発医薬品
の規格単位数量の割合がそれぞれ、以下のとおりであること。
後発医薬品調剤体制加算1 55%以上
後発医薬品調剤体制加算2 65%以上


 【後発医薬品使用体制加算】
(処方せんの受付1回につき)

注5 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(昭和32年厚生省令第16号)第7条の2に規定する後発医薬品(以下「後発医薬品」という。))の調剤に関して別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において調剤した場合には、当該基準にかかる区分に従い、次に掲げる点数を所定点数に加算する。



イ 後発医薬品調剤体制加算1 18点
ロ 後発医薬品調剤体制加算2 22点

〔施設基準〕
当該保険薬局において調剤した後発医薬品にある先発医薬品
及び後発医薬品を合算した規格単位数量に占める後発医薬品
の規格単位数量の割合がそれぞれ、以下のとおりであること。
後発医薬品調剤体制加算1 65%以上
後発医薬品調剤体制加算2 75%以上

*特定の保険医療機関に係る処方せんによる調剤の割合が90%を超える場合であって、後発医薬品の調剤割合が30%未満の保険薬局については、基準調剤加算を算定できない。



   

OTC医薬品

◆楽天市場【ブリーズ薬店】にてお求め頂けます。



歯科材料全般

◆歯科用金属JIS規格(GC、キンパラエース、パラゼット、パラゴールド他)
一流品メーカー品のみを最安値でご提供!



◆その他歯科材料、多数取り扱いしております。商材(一部)価格表はこちら→


お気軽にお問合せ下さい こちら→